犬アロマQ&A:犬は犬用のアロマオイルじゃなきゃだめですか?

Office Guriの諸橋直子です。
今日も犬のアロマセラピー初心者の方がつまづきがちな疑問・悩みに
回答していきます。

 

犬は犬用アロマオイルじゃなきゃだめですか?


対面式セミナーの質疑応答でよくいただくのがこの質問です。
同様の悩みとして

「犬に安全に使用できる精油のメーカーを知りたいです」
「やはり犬にはオーガニック製品を使った方が安全でしょうか?」

というものもあります。

 

結論を先に申し上げると
品質が確かで不当に薄められたり、人工香料などの混ぜ物をしていない
精油であれば、人間用にアロマショップで販売されている精油でも
大丈夫ですよ、というのが私からの回答になります。

 

全国的に店舗展開をしている
日本の精油販売店などで売られている精油であれば
品質面での心配はしなくてもほぼ大丈夫でしょう。

 

価格が極端に安い…という精油の場合は
(もちろん高品質の精油を手頃な価格で販売しているメーカーを除きます)
精油の品質については確認が必要な場合があります。

 

特に世界的に人気のある精油は、
類似した香りを持つ別の精油とブレンドして販売されていたり
不当に薄められて流通しているケースもあります。

こういうことを頭に入れた上で

 

「混ぜ物や不当に薄められることのない
 品質が確かな安全性の高い精油を選ぶ」

 

ということが、犬にアロマセラピーを行う際には重要になる、
という点を是非覚えておいてください。

 

犬にはオーガニックの精油を
使った方がいいですか?


最近はオーガニック精油、または栽培国でそれぞれ有機栽培の認定を受けた
精油が販売されています。

 

これらの精油は、一定期間農薬を使用しない畑で栽培されたなど
各基準をクリアしている、という前提で販売されているので
もしできるだけ農薬などが使われていない物を使用したい、という場合は
オーガニックの精油を選択するのも良いでしょう。

 

ただし、オーガニック認定がされていない精油では「だめ」かというと
そういうわけではありません。

 

実際に私自身が犬用のアロマセラピー製品を作成する際には
オーガニックの精油を使用する場合もありますが
それ以外の精油もたくさん使用しています。

 

オーガニック認定の製品は、製造の過程で多くの手間ひまがかかるため
その分コストが割高になります。

 

アロマセラピーを日常的に楽しむためには
適切なコストで多くの飼い主さんと犬が気軽にトライできる、というのも
重要な要素だと私は考えていますので
そういう意味では、使用する状況や対象となる犬の状態を考慮し
オーガニックのものを使ったり、それ以外の精油を使用するなど
使い分けているのが現状です。

 

精油の品質ももちろん大切ですが
体調によっては使用しない方が良い精油がある、
動物の使用には向かない精油があることを把握し
それらを避けることが安全な使用につながることを知っておくことも
同じくらい大切です。

 

是非この点も合わせて理解した上で
楽しく安全に犬のアロマセラピーに取り組んでみてください。

 

*犬に禁忌とされる精油については、Office Guriでテキスト形式に
まとめたものを解説と一緒に無料配布していますので
詳しく知りたい方はそちらをご参照ください。

 

●犬に禁忌なアロマ精油23種の紹介

 

 

本日の内容をさらに詳しく解説した動画セミナーも
併せて視聴いただくとより理解が深まります。

 

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。

犬アロマQ&A:アロマは犬に迷惑?

Office Guriの諸橋直子です。

今日から犬のアロマセラピー初心者の方が
アロマセラピーを始めるにあたり不安に思うこと、
疑問点などを解消する動画セミナーシリーズをスタートします。

 

犬は嗅覚が鋭いので、
アロマ精油を嗅がせるのは
迷惑なのではないですか?という疑問


アロマセラピーが人間のリラクゼーションにいいと聞き
犬にもやってみようかと思うけれど
犬は嗅覚が鋭いので、犬にとって迷惑なのでは?という心配をされる方が
結構いらっしゃいます。

 

今日はこの疑問について解説していこうと思います。

 

 

嗅覚が鋭い、というのはどういうことか?


犬の嗅覚が鋭い、というのは具体的には何を指すのでしょうか?

 

犬は人間に比べて圧倒的に匂いを感じる細胞の「数」が多いです。
そのため、人間がキャッチできないようなわずかな匂い成分も
逃さず感知できます。

 

高感度フィルムを想像してみると、理解がしやすいかと思います。
わずかな光でも記録できるようなフィルムを使うと
暗い場面でも被写体を捉えることができるようになります。

これを匂いに置き換えてみます。

 

ガン探知犬という犬の仕事が一時非常に注目されました。
これは、ガンを患う人の呼気などに含まれる微量の成分を
犬がかぎ分けることによって、その人がガンに罹患しているかどうかを
調べる、というものです。

 

犬は本当に微量の成分をかぎ分けるので
検査ではなかなかわかりにくかった初期のガンなども
ガン探知犬の検査などで見つかるケースもあるという報告もあります。

 

つまり、犬の嗅覚の鋭さというのは

 

  • 非常に微量の匂い成分でも嗅ぎ分けられる

 

といった「感度の鋭さ」であると言えます。

 

 

これは例えば、私たちが感じる同じ匂いを
犬が100倍、1000倍「強く感じる」という意味とイコールではありません。

 

むしろ、同じ程度の強さの匂いは同じ程度で感じ取っているが
私たちが感知できない微量の成分も嗅ぎ分けているため
匂いをより複雑で、
奥行きのあるものとして感じている可能性が高い、ということですね。

 

そのため、アロマ精油は匂いが強いため
犬に迷惑では?という疑問については
人間が心地よく受け入れられるのと同程度の濃度で使用する分には
問題ないのでは?という回答になります。

 

 

実際に、犬のためのアロマセラピーを学び
自宅で犬と一緒にアロマセラピーを楽しんでいる飼い主さんは
全国にたくさんいらっしゃいます。

 

ただし、動物への使用に
向かない精油には注意が必要です。


アロマセラピー自体は犬に特に迷惑なものではない、ということは
すでにご理解いただけたかと思います。

 

一方で、アロマセラピーで利用する精油の中には
動物への使用に向かない精油、禁忌とされる精油があります。

 

*犬に禁忌とされる精油については、Office Guriでテキスト形式に
まとめたものを解説と一緒に無料配布していますので
詳しく知りたい方はそちらをご参照ください。

 

●犬に禁忌なアロマ精油23種の紹介

 

そうした精油を避ける、という点を意識して
犬にアロマセラピーを行うことが重要です。

 

また、犬の体調や持病によっては
アロマセラピー自体を行わない方が良いケースもあります。

 

具体的には、持病に「てんかん」を持つ犬の場合は
特定の精油を避けた方が、飼い主さんの安心につながりますし
妊娠中の犬の場合も避けた方が良いとされる精油があることを
飼い主さんは知っておくと安心できるでしょう。

 

体調が思わしくない場合は、ローズマリーなど
素晴らしい効果を持つけれど刺激も強い精油などは
避けた方が賢明という場合もあります。

 

こうした「アロマセラピーを犬に応用する際の基礎知識」を
しっかり学んだ上で行うことが安全面では重要ですので
是非覚えておいてくださいね。

 

 

本日の内容は動画セミナーでもさらに詳しく解説しています。
併せて参考にしてください。

 

 

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。

犬にお勧め厳選精油009:ダニよけと耳のケアに〜ゼラニウム

Office Guriの諸橋直子です。
今日は犬にお勧め精油シリーズの第9回目ということで

  • ゼラニウム

をご紹介していこうと思います。

 

ダニ除け精油の代表

 

ゼラニウムはダニが嫌う精油としてよく知られており
ペットアロマセラピストが好んで犬のダニ除けに使用する精油です。

 

ゼラニウムには様々な種類がありますが
アロマセラピーで用いらられることが多いのは

「ローズゼラニウム」

と呼ばれる、甘く心地よい香りの品種です。

 

私たち人間や犬にとっては心地よく、受け入れやすい香りですが
ダニにとっては嫌いな香りであるため
忌避効果が期待されるとされています。

 

お勧めの使用方法は、バンダナなどに精油を少量つけて
犬の首に巻く「虫除けバンダナ」や
少量の精油を水で薄めて、直接犬の体に虫除けスプレーとして
吹き付ける方法です。

 

虫よけスプレーとして使用する場合は
水50mlに対し、精油10~15滴程度の間で濃さを調整します。

 

犬にスプレーする際は、目の周りや肛門周りなどを避け
スプレーするようにします。
また、体質によっては合わない場合もあるため
アレルギー体質、敏感体質の犬の場合は慎重に行うことをお勧めします。

 

酵母菌への抗菌効果~耳のケアに

 

ゼラニウムの精油は酵母菌に対する抗菌効果があることでも知られています。
そのため、ゼラニウム精油を水で適切に薄めた耳クリーナーを使用し
犬の耳を清潔に保つのに役立てている飼い主さんも
多くいらっしゃいます。

 

このように、虫除けやその他の犬の体のケアにもと
応用範囲の広い精油ですので
アロマセラピー初心者の方にもおすすめです。

 

ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

*アロマセラピーを活用した虫除けに興味のある方で
ご自身で精油や道具をそろえるのはちょっと面倒だな…という場合は
Office Guriの公式サイトで販売も行っています。
必要に応じてご利用くださいね。

 


●アロマの虫除けコンプリートセット
http://store.officeguri.com/user_data/aromamusiyoke.php

 

 

今日の内容を詳しく解説した動画セミナーはこちらです。

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。

犬にお勧め厳選精油008:呼吸器のケアに〜ユーカリラディアータ

Office Guriの諸橋直子です。
今回も犬にお勧め精油をご紹介していきます。

 

呼吸器のケアに~ユーカリラディアータ

 

ユーカリにはいくつか種類がありますが
一般的にユーカリと呼ばれ、流通しているのは
ユーカリ・グロブルス」という種類の精油です。

 

メンソレータムのようなすーっとした香りが特徴の精油ですが
ユーカリは品種によって含有される成分が異なります。

 

ユーカリ全般に含まれる成分で、痰などを出しやすくする「去痰作用」を
持つものがあります。

 

代表成分は「1,8シネオール」です。

 

一方で、ユーカリには「ケトン類」と呼ばれる成分も多く含まれます。
この成分には脳の神経を刺激する作用があるとされ
健康な犬、および人が少量を適正範囲内で使用するには
特に問題がある成分ではありません。

 

ただし、この「ケトン類」がてんかんを持病に持つ犬の場合
脳神経の刺激になるので使わない方が良い、という考え方があります。

 

これは「ユーカリの精油を使用する=発作につながる」という意味ではないので
そこのところは「誤解」の無いようにお願いします。

 

ただ、世の中には「てんかんに禁忌のアロマ精油」ということで
取り上げられることの多い精油ですから
そうした情報を見た際に、知らずに使っていた!と飼い主さんが驚いたり
心配しないよう、不安の原因になるのであれば
最初からユーカリの仲間は使用しない、という考え方が個人的にはおすすめです。

 

話を戻しますが、こうした様々な成分を含むユーカリの仲間の中でも
特に作用が穏やかで、犬にも使いやすいユーカリが

 

  • ユーカリ・ラディアータ

 

です。

 

ユーカリラディアータは殺菌効果なども併せ持っているため
呼吸器にトラブルで悩む犬への使用例がたくさんあります。

 

特にシニアの犬で痰が絡むようになり
呼吸が苦しそうだが、病院ではシニア特有の症状なので仕方がないと言われたり
特に病名が付かないので薬も処方されないというケースで
飼い主さんが工夫をしてこの精油を活用し
良い結果を出しているケースも多いです。

 

この精油をティッシュに1~2滴たらして犬に嗅がせるというような
簡単な使い方でもOKですので
気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

 

お近くにアロマショップがない、買いに行く時間が犬の介護などで
なかなか取れないという方には
Office Guriで「呼吸器ケアブレンド精油」と「アロママッサージオイル」を
販売していますので、必要な方はこちらでご確認ください。

 

 

シニア犬の呼吸器ケア・空気清浄ブレンド

 

本日の内容をさらに詳しく解説した動画セミナーも
併せてご覧いただくとより理解が深まります。

 

 

 

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。

犬におすすめ精油007:気持ちをしっかり落ち着けたい〜クラリセージ

Office Guriの諸橋直子です。

犬にお勧め精油をご紹介するシリーズ、
今回ご紹介するのは

  • クラリセージ

です。

 

地に足をつける~
グラウンディング効果を発揮する精油。
落ち着きのない犬や
しっかり犬を鎮静させたい場面にお勧め。

 

落ち着きの無い性格の犬を、少しでも落ち着きのある犬にしたい、という風に
しつけの問題で悩まれている飼い主さんは多いです。

 

本来こういう場所では落ち着いてほしい、という場面で
なかなか落ち着いた行動ができず、困ってしまう、という悩みですね。

 

犬のもともとの性格は基本的に変えられませんが

  • しつけ
  • 訓練

などによって、ある程度社会生活を送っていくうえでの
困った行動は制御可能なケースもあります。

 

そのため、こうした場合はまず、しつけや訓練のプロに相談し
適切なアドバイスを受けたり、訓練に参加するなどが
解決につながるケースが多いです。

 

そして、このようなしつけや訓練の際に
気持ちをしっかりと落ち着けて、目の前のことに集中できるような
手助けになる精油がクラリセージです。

 

クラリセージの効果の一つに

  • グラウンディング

が挙げられますが、これは文字通り「地に足をつける」という意味を持ちます。

 

心が今ここにあらず、ふわふわしたような、
目の前のことに集中できないような状態を
しっかりと「今」に心が戻ってくるよう手助けする香り、ということですね。

 

ティッシュにクラリセージの精油を1~2滴たらして
犬にかがせてあげる他に、
スプレーボトルに水を入れ、少量のクラリセージ精油を混ぜた
犬用のスプレーを作っておき、体全体にスプレーするなどの使い方もおすすめです。

 

気になる方はぜひクラリセージ精油を犬のしつけや訓練などの場面で
活用してみてくださいね。

 

今日の内容を詳しく解説した動画セミナーも併せてご覧いただくと
より理解が深まります。

 

 

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。

犬におすすめ精油006:眠りの浅い犬に〜カモミールローマン

Office Guriの諸橋直子です。

犬におすすめ精油、今回は

  • カモミールローマン

を取り上げていきます。

 

ストレスを抱えている、
眠りが浅い…そんな犬におすすめです。

 

カモミールローマンの精油は、別名「安眠の精油」とも呼ばれます。
甘い香りでよくりんごに似た、と例えられますが
中枢神経に直接作用し、鎮静効果を発揮する成分が含まれることが
明らかになっています。

 

また、作用もとても穏やかなので犬にも安心して利用できる精油です。

 

ディフューザーで部屋に香らせる以外にも
マッサージオイルのブレンドに
使用するのもおすすめです。

 

愛犬の眠る部屋に、睡眠前の10分程度ディフューザーで
ローマンカモミールの精油を香らせてあげるだけでも
犬は十分に香りを楽しむことができます。

 

また、ホホバオイルなどの植物オイル30mlに対し
1〜2滴のローマンカモミール精油を混ぜた
マッサージオイルを犬に使用し、軽いマッサージを行うことも
犬のリラックスを誘います。

 

特にマッサージを併用することで
犬は深い安心感を得られるケースが多いので
もしマッサージに興味のある飼い主さんは
是非マッサージとアロマセラピーを併用してみてくださいね。

 

今回の内容について詳しく解説した動画セミナー
併せてチェックしてみてください。

 

 

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。

犬におすすめ精油005:抗炎症作用〜ジャーマンカモミール

Office Guriの諸橋直子です。

今回も犬におすすめ厳選精油ということで

  • ジャーマンカモミール

をご紹介していきます。

 

皮膚トラブルのケアに。
抗炎症作用を持つジャーマンカモミール。

 

カモミールと一口にいっても実は種類があるのをご存知でしょうか?

アロマセラピーで使用されるカモミールには

  • ジャーマンカモミール
  • ローマンカモミール

という代表的な2種類があります。

 

いずれも同じキク科の植物ですが
含有する成分が違いますので
それぞれの特徴を知り、犬に合わせて精油を選択するのがおすすめです。

 

今回は「ジャーマンカモミール」を取り上げますが
この精油には

  • 抗炎症作用

を持つ成分を含むことで知られています。

 

そのため、皮膚トラブルで悩む犬で
洗面器1杯の水に対し、ジャーマンカモミール精油を1〜2滴垂らしたリンスを
シャンプー後に全身にかける、というケアを行っているケースもあります。

 

そうすることで、犬がシャンプー後に痒がるのが少なくなった、というような
フィードバックも寄せられています。

 

なので、もし興味のある方は
アロマ製品を取り扱うお店で一度「ジャーマンカモミール」の精油を
チェックしてみてくださいね。

 

 

今回の内容を詳しく解説した動画も併せてチェックしてみてください。

 

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。

犬におすすめ精油004:うっ血の解消に〜シダーウッドアトラス

Office Guriの諸橋直子です。

犬にお勧め精油の第4回目は

  • シダーウッドアトラス

をご紹介しようと思います。

 

むくみ、うっ血、うっ帯の解消に。

 

寝たきりで体を思うように動かせないシニア犬の場合、
体が部分的にうっ血したり、
むくみが生じるケースもあります。

 

そういう場合、アロマ精油の中で
そうした「滞りを解消するのに役立つ精油」を活用することで
犬の不調改善に役立つケースがあります。

 

シダーウッドアトラスは、樹木の木材から抽出される精油です。
この精油を嗅ぐ、
マッサージオイルとして植物オイルで薄めて使用することで
犬の体の滞りをケアすることができるようになります。

 

うっ帯・うっ血のケアには
マッサージとの併用がお勧めです。

 

マッサージが大好き!という犬は多いですし
筋肉に直接刺激を与えて血行やリンパの流れを良くするマッサージは
犬にもお勧めです。

 

ぜひ今回ご紹介した「シダーウッドアトラス」のように
体の滞りを解消するのに役立つ精油と併用してみてください。

 

Office Guriでは自宅でアロママッサージを学べる自宅学習用電子書籍を
無料配布しています。

 

メールでご請求いただけますので
必要に応じてご請求ください。

 

inu001

 

 

 

 

 

 

 

 

●ドッグアロママッサージの無料テキストご請求はこちらから。
(電子書籍での配布です。ガラケーには対応しておりません)

 

今日の内容をまとめた動画セミナーはこちらからご覧いただけます。

 

 

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。

犬におすすめ精油003:乾燥肌の犬に〜キャロットシード

こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

犬にオススメ精油第3段は

  • キャロットシード

をご紹介させていただきます。

 

犬の毛のパサつきや

肌の乾燥が気になる場合のケアに

 

犬の毛がパサついて、という悩みや
肌の乾燥が気になる…という悩みは多いです。

 

毛のパサつきには様々な原因があるので
食事や生活習慣などトータルで考える必要がありますが
そうした根本的な原因にアプローチするケアと併用する、という意味で
今回ご紹介する「キャロットシード」はお役に立てる精油です。

 

キャロットシード」は乾燥しがちな肌やパサつきが気になる毛のケアに
最適な精油です。

 

例えば、水+グリセリン+キャロットシード精油で作った
犬用ブラッシングスプレーは、犬の毛艶を取り戻すのに役立ちます。

 

また、植物オイル+キャロットシード精油で作る
飼い主さん向けの美容オイルは乾燥肌のケアにオススメです。

 

 

キャロットシード精油の
もうひとつの大切な働き。

瘢痕(はんこん)形成作用。

 

キャロットシード精油にはもうひとつ、大切な働きを持つ成分が含まれます。

それが、

  • 瘢痕(はんこん)形成作用

です。

 

これは、例えば肌が引っかき傷などで傷ついた場合を
イメージするとわかりやすいのですが
傷の部分にかさぶたができ、皮膚が盛り上がって治っていきますよね?

 

あのように、皮膚が盛り上がって傷を治そうとする働きを指します。

 

そのため、キャロットシード精油を使って
犬のちょっとした傷などを上手にケアしている飼い主さんも
多くいらっしゃいます。

 

いかがでしょうか?

 

キャロットシードの2つの代表的な作用

 

  • 乾燥した毛や肌のケア
  • 瘢痕(はんこん)掲載作用

についてはご理解いただけましたか?

 

今回の内容をまとめた動画セミナーを配信していますので
併せてチェックしてみてくださいね。

 

 

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。

犬にお勧め精油002:ローズ

犬にお勧め精油シリーズ第2回目は

  • ローズ

を取り上げていこうと思います。

 

花の女王の別名を持つ「ローズ」は
犬の毛、肌のケア、そしてメンタルケアに最適です

ローズの精油は古くから、
人間の美容や傷の治療に用いられてきた歴史があります。

 

たとえば、アロマセラピーの手作りクリームの古くからあるレシピとして

「ローズとフランキンセンス、そして蜜蝋(ミツロウ)の軟膏」

があります。

 

ローズはすべての肌質に対応し、
肌のコンディションを整える精油として知られていますが、
乾燥肌のケアなどに用いられるフランキンセンス精油とブレンドすることで、
素晴らしいアンチエイジングケアのクリームになります。

 

蜜蝋自体にも穏やかな殺菌効果があることが知られており、
このような蜜蝋、精油を上手に組み合わせた軟膏は、
古くからけがの治療、または美容クリームとして愛用されてきました。

 

こうした、とびきり良質で安心できる材料を使った手作り軟膏を、
犬用の皮膚のケアのクリームや肉球保護に役立てることが可能です。

 

アロマセラピーの基礎といくつかの精油の効能を学べば、
それは決して難しいことではありません。

 

話をローズに戻します。

 

ローズはスキンケアにも素晴らしい効果を発揮しますが
精神面への効果も素晴らしいことで知られます。

 

落ち込んだ気持ちを穏やかに明るくする効果、
鎮静効果を持つ精油です。

 

病気など日常的にストレスを抱えている犬や
保護された犬で精神的なダメージを負っている犬の
アロママッサージに使用することで
メンタルケアの効果も期待できます。

 

もちろん、健康な犬の日々のリラクゼーションとして
ローズの精油の香りを嗅ぎながらのアロママッサージもおすすめです。

 

ローズの精油は高級品!?
犬に使うにはちょっと躊躇してしまう!
でもその値段には理由があります。

 

ローズの精油は非常に高価なことでも知られます。

 

水蒸気蒸留法という抽出方法で得られたローズの精油は
1mlあたり4000円前後と非常に高価で
アロマセラピーの初心者の方が購入するには
ちょっと尻込みをしてしまうような価格でもあります。

 

ところで、何故ローズの精油はこのような価格で流通しているのでしょうか?

 

ローズの精油は「バラの花」から得られます。
バラの花は切り花としても売られていますが
やはり花の中でも高価なものですよね?

 

そのバラの花を原料とし、
しかもほんの1滴…0.05ml程度の少量の精油を得るのに

最低50個分のバラの花が必要だと言ったら
あなたは驚くでしょうか?

 

つまり、品質の良い材料を多く使用し、
ようやく得られるわずかな精油…というのがローズの精油です。

 

こうした背景を考え合わせると
ローズの精油が高価なのも納得がいくのではないでしょうか?

 

でもやっぱり高級すぎて犬にはちょっと…という場合、
フローラルウォーターがお勧めです。

 

ローズの精油の素晴らしさは理解できたし
貴重な材料を使った精油だから高価なのもうなずける、
でもそうは言っても犬に使うのはちょっと…と躊躇してしまう、という場合は

 

  • ローズの芳香蒸留水(フローラルウォーター)

 

が、おすすめです。

 

 

これは、ローズ精油を水蒸気蒸留法という方法で得た場合に
副産物として生成する水ですが
中に微量のローズの香り成分を含みます。

 

精油よりは手ごろな値段で入手できますので
気になる方は、アロマショップなのでぜひローズの芳香蒸留水を
チェックしてみてください。

 

そのまま犬のブラッシングスプレーとしても使えますし
飼い主さんの化粧水にもなりますよ。

 

 

今日の内容をまとめた動画セミナーをご用意していますので
ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

 

 

 

●Youtubeチャンネル登録していただくと、犬アロマの最新動画を見逃しません。
(↓)ぜひ登録してくださいね!

 


愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「マッサージ」などの情報を無料メルマガで配信中!

購読希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

*カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので、事前にご理解の上、ご登録ください。

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



・無料で学べるドッグアロマの電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちらから!

ドッグアロマについて学ぶ事を検討中の方へ:自宅で学べる無料メールセミナー配信中!ご登録はこちらから。

犬に禁忌な精油23種のリストを配布中!無料請求はこちらから。

・犬の手作り食、栄養学など犬に役立つ無料電子書籍ライブラリはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックをいただくと励みになります。